本文へ移動
株式会社坂口製作所
【本 社】
〒557-0054
大阪府大阪市西成区千本中2丁目4番14号
TEL.06-6661-7007
FAX.06-6659-3030
 
【和歌山工場】
〒643-0521
和歌山県有田郡有田川町清水877-1
TEL.0737-25-1150
FAX.0737-25-1152
0
6
8
8
7
2

会社概要

社 長 挨 拶

 株式会社坂口製作所は、紀伊山地の中央に位置する和歌山県有田川町清水地区に工場を構え、日々、工業用各種アルミ・ステンレス製品の製造、加工を行っています。
まずは皆様に弊社のことを知っていただくため、坂口製作所でできること、坂口製作所でできるもの、
坂口製作所が考えていることをまとめてみました。
 
 アルミ溶接、ステンレス溶接のトップランナー
弊社の売りはなんと言っても溶接技術。
坂口製作所の和歌山工場にはアルミ溶接のJIS溶接資格保有者が約30名、
ステンレス溶接の資格保有者が約20名在籍しています。特にアルミ溶接について言えば、和歌山工場は社団法人軽金属溶接協会より「軽金属溶接構造物製造工場M級」に認定されています。これは「品質
管理及び安全衛生対策が適切に行われ、設計・工作についても充分信頼でき、検査についても適正な
体制がとられている工場」に与えられる認定で、平成30年4月の時点で同認定を受けている工場は
全国で8か所しかありません。全国軽金属溶接技術競技会においても過去複数回の上位入賞を果たしている弊社のアルミ溶接技術は、国内トップクラスと自負しております。
 
板金加工から溶接、組立、検査まで一貫対応
溶接技術だけではありません。坂口製作所の和歌山工場ではレーザー加工機、
サイクルローダー付NCタレットパンチプレス、プレスブレーキなど最新鋭の板金加工設備を完備して
おります。また浸透検査などの検査技術の資格保有者も在籍しておりますので、1枚の板、1本の形材が
あれば、切断、抜き、曲げから溶接、組立、検査まで、全て和歌山工場で一貫対応できます。
 
幅広い製造実績 ~小物部品から大型製缶構造物まで
坂口製作所では日々、幅広い産業分野に大小さまざまな製品を提供しております。
例えば新幹線の部品や空港化学消防車用水槽、実験動物飼育ラック、食品・製薬工業用トレー、
信号器具箱から、車椅子や選挙の投票箱などなど。中には他社で製造困難だったものもあります。
こういった製品をものにすることで、私たちはたくさんのノウハウを積み上げてまいりました。
そのノウハウを、皆様にもぜひお役立ていただきたいのです。
私たちが目指しているのは単なる下請業者ではなく、皆様のパートナーです。
お客様のご要望通りの品質の製品を提供するのは当たり前。その上で、コストダウンや
リードタイム短縮についても私たちから提案できることがたくさんあると思います。
 
 
・・・こんなところで弊社のイメージは掴んでいただけましたでしょうか。私たちは、いい意味で、
何でも屋だと自負しております。大型製缶構造物から、中規模ロットの量産品、小ロットの小物部品や
一品物の試作品まで、ご注文に応じ幅広く対応いたします。およそアルミ・ステンレス製のものであれば、作れないものはありません。特に、アルミ溶接でお困りの方、その溶接、坂口製作所ならできるかもしれません。まずはお見積りだけでも結構です。お気軽にご相談ください!
 
株式会社坂口製作所
代表取締役 坂口清信

会社概要

■会社名株式会社坂口製作所
■所在地
本社 )           
〒557-0054 大阪府大阪市西成区千本中2丁目4番14号
和歌山工場) 
〒643-0521 和歌山県有田郡有田川町清水877-1
■電話番号
本社)    06-6661-7007
和歌山工場) 0737-25-1150
■FAX番号
本社)    06-6659-3030
和歌山工場) 0737-25-1152
■工場敷地
敷地面積 3394坪(11,220平米)
建  坪 1050坪(3,471平米)
■代表者代表取締役 坂口清信
■設立年月日昭和61(1986)年
■資本金10百万円
■従業員数
81名(本社11、工場70) ※令和2年1月1日現在
■業務内容工業用各種アルミ・ステンレス製品の設計・製造・加工及び販売
■主要取引先㈱東芝、三菱電機㈱、神鋼ノース㈱、㈱日阪製作所、大邦工業㈱、日本エスエルシー㈱、東邦エンジニアリング㈱ 他

沿革

1951年
個人営業を開始する。
日軽アルミ大阪工場の下請けとして紡績用アルミ製水気籠等アルミ製箱の製造を中心に
営業を行う。
1967年和歌山工場を建設。 従来の板金製品に加え製缶製品の製造を開始する。
1970年和歌山工場を増設、精密板金の製造に着手する。
1973年工場を増設。
1977年NC付機械を導入する。
1979年清水町より誘致企業第一号の指定を受け、工場用地の売り渡しを受ける。
1980年新工場完成。
1986年株式会社に組織変更
1990年建設資材の製作を開始する。
1991年
溶接工場が完成、創業40周年記念式典を行う。 のぞみ車輛搭載機器筐体の製造を
開始する。
1993年核燃料輸送容器の製造を開始する。
1994年クリーンルーム機器の製造を開始する。
2007年本社事務所を新築・移転。
2008年軽金属溶接構造物製造工場認定(LWS A 7802)M級を取得する。
2011年エコアクション21の認証を取得する。
TOPへ戻る