アルミ・ステンレスの板金・溶接・組立加工のことなら大阪府大阪市の株式会社坂口製作所におまかせください。

qrcode.png
https://sakaguchi-ss.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社坂口製作所
【本 社】
〒557-0054
大阪府大阪市西成区千本中2丁目
4番14号
TEL.06-6661-7007
FAX.06-6659-3030
 
【和歌山工場】
〒643-0521
和歌山県有田郡有田川町清水877-1
TEL.0737-25-1150
FAX.0737-25-1152
043294
 

SDGsへの取り組み

 

SDGsとは

SDGsとは
 
SDGsとは
 持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム目標(MDGs)の後継として2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
 持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残されないことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り込むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
 
 
株式会社坂口製作所の取り組み
蘭島(あらぎじま)
和歌山工場近くの景勝地「あらぎ島」。扇形の山裾一面に広がる棚田は、1655年に開墾されたものです。
私たちはものづくりを通じて、安全で安心な未来を
提供します
 
 株式会社坂口製作所は、工業用各種アルミ・ステンレス製品の設計・製造・加工・販売を行っている会社です。生産拠点である和歌山工場は、高野山のふもと、緑豊かな和歌山県有田川町清水地区にあり、この田舎の小さな工場で日々ものづくりを行っています。
製品は新幹線の部品やエネルギー関連、製薬関連と多岐に渡り、中には海外に輸出されるものもあります。
 私たちはものづくりを通じて、安全で安心な未来を提供することを経営理念に掲げ、地域に勇気と元気を与えることのできる企業を目指しています。この理念の実現に向けた取り組みを進めることで、SDGsの掲げる持続可能な社会の実現にも寄与できるのではないかと考えました。田舎の小さな会社ですが、「誰一人として取り残さない」という思いを共有し、積極的な活動を展開していきます。
 
株式会社坂口製作所のSDGsの進め方
 株式会社坂口製作所は、2011年にエコアクション21の認定を取得しました。また2018年、2019年には健康経営優良法人の認定も取得しています。
 エコアクション21と健康経営優良法人の活動とリンクする形で、SDGsへの取り組みを進めていきます。
 

SDGsの取り組み内容

SDGsの取り組み内容
 
アルミ・ステンレスに特化したものづくり
   
    アルミで作成したサッカーボール
 株式会社坂口製作所はアルミ、ステンレスに特化してものづくりを行っています。”アルミ、ステンレスともリサイクル性に優れた素材で、さらに軽量なアルミは省エネ効果も大きい”、その意味で、弊社の製品は持続可能な社会、循環型社会の実現に貢献するものです。また、現在は、アルミよりもさらに軽量なマグネシウムの溶接、アルミ-ステンレス、アルミ-マグネシウムなどの異材接合にも挑戦しているところです。
 
 私たちの製品は、鉄道車両、エネルギー、製薬、食品等幅広い産業分野で使用されています。私たちはものづくりを通じて、今日よりもっと安全で安心な未来の実現に貢献します。
   
地域の子どもたちの工場見学受け入れ
   
      小学生による工場見学
 弊社では、地域の子どもたちによる工場見学の場を提供しています。見学後には質問コーナーを設け、子どもたちの疑問に答えるなどし、働く楽しさを伝えています。
 小学生の工場見学だけでなく中高生の職業体験も受け入れており、また地元工業高校では、弊社社員が講師となって溶接実習の指導も行っています。工業高校の先生のインターンシップも受け入れ、技術の習得・向上の場を提供しました。これらの活動を通じて、若者の県内企業への就職を促進する活動に積極的に協力しています。
   
社外機関・団体の工場見学受け入れ
   
     同友会の方々による工場見学
 弊社では地域の子どもたちのみならず、様々な社外機関・団体等による工場見学の受け入れも行っています。
 
 例えば、2018年5月には、一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)の工場見学を受け入れました。当日はメキシコの製造企業において生産管理・工場管理に携わる、中・上級管理者の方々が来社され、弊社の概要、人材育成、環境活動への取り組み等について説明した後、工場内を見学頂き、最後に設けた質疑応答の時間で皆様のご質問にお答えしました。また、弊社も所属する大阪府中小企業家同友会の方々にも工場を見学頂き、弊社の環境活動の取り組み等について説明させて頂きました。
 以上の取り組みを通じて、環境への意識を高めて頂き、持続可能な社会の実現に向けた活動の輪を広げていくことを目指しています。
   
献血への協力
   
 現在の日本で輸血を必要としている方は1年間に約120万人と言われています。それを支えているのが1年間に約500万人の方による献血です。しかし、若年層(10~30代)の献血者は減少傾向にあり、少子高齢化がますます進んでいくと日本の輸血医療に重大な支障をきたす恐れがあります。今後の安定供給のためにも、特に若い世代の献血への協力が必要な状況です。
 このような状況に少しでも貢献するため、弊社では春と秋の年2回、和歌山工場へ献血車に来て頂き、献血に協力しています。その功績が認められ、平成17年には第41回献血運動推進全国大会にて厚生労働大臣より感謝状を頂きました。
 
 今日は、あなたが”だれかの命を救った日”…
 
弊社は引き続き、献血に協力致します!
   
エコキャップ運動の推進
   
 エコキャップ運動とは、ペットボトルのキャップ(エコキャップと呼ぶ)を収集し、そのリサイクルで発生した利益を発展途上国の子ども向けワクチン代として寄付する運動のことです。弊社では平成26年2月よりエコキャップ運動に賛同し、ペットボトルキャップの回収を始めました。
 回収したキャップはエコキャップ運動を支援している有田川町社会福祉協議会清水事務所へ寄贈しています。
   
地域の安全を守る取り組み
   
 ↑消防団協力事業所   ↑防災協力事業所
 消防団は別の職業などに従事しつつ、火災や大規模災害の発生時には自宅や職場から現場へ駆けつけて消火活動や救助活動を行う組織のことです。弊社和歌山工場では、実に全従業員72名中27名が消防団員として活動しています。この活動が評価され、和歌山工場はこの度、「有田川町消防団協力事業所表示制度」第一号の認定企業に選ばれました。「消防団協力事業所表示制度」は勤務時間中の消防団活動への便宜や従業員の入団促進など事業所として消防団に協力し、社会貢献が認められる事業所を消防庁が認定する制度です。
 また大阪本社も、災害対策並びに復興活動への協力を行う西成区防災協力事業所に登録されています。災害発生時には負傷者の搬送、救援物資の輸送などを実施することになっています。
 私たちは地域の安全を自分たちで責任を持って守ることを目指します。
   
有田川町 COOL CHOICEへの賛同
   
 「COOL CHOICE」とは、2030年度の温室効果ガス排出量を2013年度比で26%削減することを目標に、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動などの温暖化対策に役立つ、あらゆる「賢い選択」を促す国民運動のことです。
 例えば、エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にするという「選択」、高効率な照明に替える、公共交通機関を利用する、クールビズやウォームビズを実施するなど、低炭素なアクションを実施するというライフスタイルの「選択」などです。
 弊社和歌山工場所在地である有田川町では「有田川というエコのまち」実現を目指し、町民・事業者・町民活動団体などと連携し、一丸となって「COOL CHOICE」に取り組んでいます。
 弊社では、この取り組みに一企業として賛同しています。
   
節電への取り組み
   
 ↑照明の間引き点灯   ↑グリーンカーテン
 節電対策として、場内照明の間引き点灯を実施しています。スムーズに実行するため、配電盤内に間引き早見表を貼り付けるなどの工夫を取り入れています。また和歌山工場の場内照明は、2019年夏に全てLEDに切り替えました。
 他にも、和歌山工場では各所にゴーヤのグリーンカーテンを設置しています。グリーンカーテンは日光を遮り、熱の原因をなる赤外線の大部分を反射します。これにより室内の温度上昇を和らげ、夏場のエアコンの消費電力を抑えることが可能となります。
   
水使用量の削減
 
 
   
 ↑貯水タンク     ↑節水トイレ外観
 節水対策として、2015年、和歌山工場に節水型のトイレを新設しました。また各蛇口には節水コマを取り付けています。節水コマの採用に際しては、使用していない場合との比較実験を実施し、その効果を確認しました。
 さらに和歌山工場では、以前弊社で製作したまま放置されていたタンクを、雨水の貯水タンクとして再活用しています。タンクは工場の屋根に設置され、雨樋から雨水がそのまま流入する仕組みになっています。貯蔵された雨水を製品の一次洗浄などに使用することで、水道水の使用量削減につなげています。
   
産業廃棄物の排出量削減、リサイクルへの取り組み①
   
 ↑タオルウエス     ↑ドアストッパー
 産業廃棄物の排出量削減にも力を入れています。例えば機械の手入れや製品の洗浄に使用されているタオルウエス。これまでは一度使用したらすぐ廃棄していたのですが、比較的汚れの少ないものは洗浄して再利用、汚れの多いものも機械のオイル拭きに活用するなど、できるだけ「使い切る」ことを心がけています。
 
 また余剰在庫や残材の活用も進めています。一例として、余剰材を活用して自社でかわいいドアストッパーを製作しました。ドアストッパーを使ってドアを開放すると、自然の風で室内の空気の入れ換えができます。またトイレ用のドアストッパーは、清掃時間の短縮にも貢献しています。他にも余剰材や残材を活用して様々な備品を製作し、社内各所で活用しています。
   
産業廃棄物の排出量削減、リサイクルへの取り組み②
   
 ↑運送容器         ↑緩衝材
 和歌山工場から外注加工先への製品搬送において、繰り返し活用できる輸送容器を製作し、養生を極力抑えています。養生を抑えることで梱包資材の使用量を削減するとともにごみ排出量の削減にも繋がると考えています。
 
 お客様から弊社に届く荷物の中には緩衝材が入れられ発送されてくるものがあります。そのような緩衝材を捨てずに保管し、弊社から発送する荷物の緩衝材として再利用しています。緩衝材の再利用はごみ減量3Rのリユースにあたります。
   
社員教育の推進
   
 ↑新入社員教育     ↑競技会表彰式にて
 弊社では、QCサークルの活動報告会の後、エコアクション活動の中間報告(5月)結果報告(11月)を実施し、SDGsへの取り組みを知らせるなど今後の活動に役立つように啓発を行っています。
 また、新入社員の教育もきちんと行っています。社内独自のテキストを利用しながらの教育や、弊社も所属する大阪府中小企業家同友会で行われる合同入社式に参加したり、同団体主催の新入社員研修にも参加したりしています。 
 そして、技術向上のために互いにアドバイスをしあいながら日々努力し、競技会やコンテストに出場した際には上位入賞を果たすなどの結果も残しています。また、技術に関する様々な検定資格を取得するための検定料なども会社でまかなっており、成長できる機会を設けています。
   
社員の健康増進に向けた取り組み①
   
 弊社は2018年・2019年に健康経営優良法人に選ばれています。
 この健康経営優良法人認定制度とは地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。
   
社員の健康増進に向けた取り組み②
   
 社員の健康増進に向けた取り組みとして、定期健康診断はもちろんのこと、毎朝ラジオ体操を行っています。就業前に体を動かすことで、社員の運動不足解消・作業中のけがを防ぐことを目的としています。
 その他、弊社では、ゴルフコンペや釣り大会、社員旅行などのイベントも行い社員の交流を図りつつ、健康増進に向けた様々な取り組みを行っています。
   
社員の健康増進に向けた取り組み③
   
 AIG損保保険会社との契約により、従業員向けのメンタルケアカウンセリングサービスが利用できる体制となっています。同サービスでは、電話での心理カウンセラーによるカウンセリング、または日本各地のカウンセリングルームで専門家による面談カウンセリングを受けることが可能になっています。全従業員にメンタルケアカウンセリングサービスの電話受付窓口を記載したカードを配布し、いつでも利用できる状態となっています。
<<株式会社坂口製作所>> 〒557-0054 大阪府大阪市西成区千本中2丁目4番14号 TEL:06-6661-7007 FAX:06-6659-3030